楽しみ方

首に手を当てながら電話をする外国人女性

テレクラとツーショットダイヤルについて簡単に紹介してきましたが、ここでは具体的な楽しみ方について話していこうと思います。

テレクラについてもツーショットダイヤルについても、基本的な楽しみ方は同じです。
女の子からの電話に出たら、まずはお互いが簡単に打ち解け合うところから始めます。いきなりエロトークを始めることだけはやめましょう。女の子の方は無料で利用していますから、嫌だと思ったらあっさり切ってきます。
簡単な自己紹介や、お互いの呼び名などを決めたら、まずは世間話からです。他愛のない話をしながら、女の子との距離感をつかんでいきます。
大切なのは、自分だけが楽しもうというのではなく、二人ともが楽しくなれるよう努力すること。「話していて楽しい」と思ってもらえれば、女の子の方も積極的になってきてくれます。

だんだん話せるようになってきたら、ここからがテレクラ・ツーショットダイヤルの醍醐味、テレフォンセックスです。
世間話に盛り上がりすぎるのは注意しましょう。お金はこちらが払っているので、無駄話が過ぎると料金がどんどん高くなってしまいます。
少しずつエッチな言葉を織り交ぜながら、女の子の方もその気にさせていきます。女の子もどういったサービスなのか分かって電話してきていますから、たいていの場合はテレフォンセックスに応じてくれるでしょう。
交渉に成功したら、テレフォンセックスを始めます。
相手のことは見えませんが、こちらがオナニーをしながら言葉攻めし、相手にもオナニーさせる、これはかなりの興奮を得ることができます。電話越しの女の子の喘ぎ声も脳髄を刺激してくることでしょう。
一連の流れ、最初は難しいかもしれませんが、とにかく役になりきることが大切です。どうせ周りにはだれもいません。普段の自分を捨て、今だけはスケベ野郎になりましょう。

テレクラ、ツーショットダイヤルにおいて気をつけるべきはサクラの存在ですが、サクラは「できるだけ電話を長引かせる」ことが仕事なので、無駄話をしすぎないよう注意すれば、テレフォンセックスにはまず応じてくれます。むしろ変にこなれているので、逆に楽しいかもしれません。

無店舗型のススメ

しっかりとつなぎ合う男女の手

テレクラを利用するとなるとお店に入る必要があるので、低確率ながら知り合いに目撃される危険性があり、それが心配な場合はツーショットダイヤルを利用することができます。
このサイトでは、テレクラももちろんいいですが、ツーショットダイヤルについて特にオススメしています。

テレクラに行くとなると、店に入る必要があるので、それだけでも勇気がいるし、緊張してしまうものです。
慣れてしまえばどうってことないレベルでしょう。しかし、今からテレクラを利用しようという人にとっては大事な話で、そうやって緊張したまま電話しても、上ずったり上手く話ができなかったりして女の子に電話を切られてしまう可能性があるのです。

ツーショットダイヤルの場合、そういった心配があまりありません。
初めて知らない女の子と会話するとなると、それだけでどうしても緊張してしまうものです。
しかし、握る携帯電話は自分のもので、場所も自分で自由にできるとなると、ある程度はリラックスして臨むことができます。
携帯電話の普及に伴って登場したツーショットダイヤルですが、とにかく利用しやすいという利点があるのです。

ただツーショットダイヤルにも欠点はあって、それは場所をいちいち探す必要があるということです。
車を持っている人は、どこか人のいないところに停めて車の中で、ということができるでしょう。しかし車がない場合のプライベートスペースは家の中くらいで、家の中とて、条件によっては人の耳があります。例えば防音がしっかりしていないアパート住まいであれば、隣の人に声が聞こえてしまう可能性があります。
テレクラはその点、お店の個室に通してくれるし、他の客と顔を合わせることもないので、場所選びに困ることはありません。
自分にとってどちらの方が都合がよいか考え、選ぶといいでしょう。